未分類

反転タトバキック

投稿日:


 今年も残すところ一週間となってしまいましたね。
 その間で、残り6枚を描きあげてWに登載し、動かすのはちょっと無理あるかなあ。

 反転の部分を削って垂直跳びから下降蹴りにもっていけば作画的にはいけるですが、まとまった休みが、あと一日しかない中で、調整がうまくいくかはギリというところです。

 できなかった場合は正月休みの間に仕上げて年明け更新という形にします。
 毎度の話しながら延び延びになってすいません。

 







-未分類

執筆者:

関連記事

ハピチャイラスト3枚

 ハピネスチャージプリキュア完結、ということでブログのほうで載せ忘れていたイラスト関連だしておきます。  愛を語りながら、むやみに凶悪な闘い方をする主人公が個人的にはツボな作品でした。  作画の速度が …

エンペラーキバフォームチェンジ

Lv.3超必用のフォームチェンジアニメ DCDキバ上では試せないところだったんで追加要素として造ってみたんですが、これにザンバットソードを研ぐ動きを足すと、技の発動までが長くて少々ウザイかもしれません …

とりあえず、立体資料を手に入れてきました。

 が、まだ本編は見れていません。  今日中は無理そうか。早く見たいなあ。  これまで、当サイトでライダーの制作を始める時期は、番組終了後がほとんどでした。  これはメリットとして立体造形や写真資料なん …

1号・本郷新潮比較、ついでに仮面ライダー作画論

 平成ライダー作画において、人間体とライダーの状態では明確に体格を変えるようにしています。  設定身長のデータがブーツや鎧を着込んだ大きさなどを考えても、明らかに、変身前の体格より大きくないとそこまで …

格闘サイズドット絵で映画1号

 格闘ドット絵で、映画1号。  個人的には、ZX以降の超常能力変身系のライダーは、骨格レベルで肉体が変質強化しているものと解釈しています。  当制作のライダーが変身前と後で身長まで変えているのは、その …