MUGEN

W素体改変例

投稿日:

Wの制作は、現在まだ必須素材作画の途中です。
プログラム自体、いきなり誰かに任せてもいいんですが、流石にそれだと使いにくいでしょうか。
基礎動作を組んだカンフーマンのような素体キャラとして公開するのが弄りやすいですかね。

Wは桝久堂ライダー素材の限定利用自由化を考えた始めたきっかけになったライダーです。

理由は、簡単なアレンジで差別化ができるライダーであるという事。

Wは他の平成ライダー達と違い、フォームチェンジによる外見的な形状に殆ど変化は無く、フォームチェンジ状態をカラーパレットの変更だけで表現できます。

他のライダーでは労力的に難しい、フォームごとの単独キャラを制作するということも比較的容易です。

またW系のサブライダーはアクセル以外、カラーリングが違うだけの共通のスーツで造られている事から、少しドット絵を加工できれば改変によるサブライダー製作も可能と思われます。

だから、素材を自由に使えれば、これらを造れる人がでてくるかもしれないと考えたわけです。

ついでに言えば今作オーズもまた、Wとは別ベクトルに差別化の効くライダーです。

125以上のフォーム数を誇るオーズは、フォームチェンジして技を繰り出す形のキャラにするなら125の技を持つライダーになります。
それらの技を一人で作画するのは無理ですが、改変可能の素材があるなら、存在してないフォームの技を補完してくれる人もいるかもしれません。

それに2D格闘ゲームのキャラの技なんて10もあれば十分です。

となれば、125種のアクションがあれば、それを均等に振り分けても、10以上のバリエーションをもつオーズができる事になりますし、そもそも、搭載する技のチョイスや性能変化によって、誰とも性能の被らない自分だけのオーズを作ることができるはずです。

こうした、差別化できる幅の広いライダーが出てきた事が、素材利用の自由化を考えたきっかけです。
とりあえず、桝久堂は自分の思うライダーのアクションを造っていきますので、それらを下敷きにして、自分の思うアクションをするライダーを造ってみませんか、というのが、素材限定利用自由化企画の趣旨となっています。







-MUGEN

執筆者:

関連記事

マズイ・・・

 フォーゼも気が付けば、もう34話が終わったか。全48話と仮定すると残り14話、1クールを残すのみ。  こりゃヤバイ。いい加減計画的に進めないと、終了までにオーズ公開どころか、W完成も危うい。  まあ …

つづらさん制作キュアハッピーAI公開開始

 AI製作者でキュアブロッサムのAI製作者でもあるつづらさんが、新たにキュアハッピーのAIを制作、正規公開が開始されました。  以下は、つづらさんのブログ ぷっぷく工房内解説の一部を転載 長々とお待た …

ふぁいぶさん制作フォーゼ素材 ホイールモジュール

ふぁいぶさん制作のフォーゼホイールスイッチの素材です。  ホイールの素材はダッシュのアクションに当てはめようと思います。  劇中ではただ走る以外にも、壁走りやそのまま蹴りつけるようなアクションもしてい …

ジンバーレモン作画過程

 描いてるうちにだいぶ補正してしまってましたが、もっともこもこなイメージですね。  かなり着膨れ感のあるデザインです。それは斬月・真にも言えることですが。  一応無双セイバーとの二刀流が格闘スタイルの …

ディケイド素材:門矢士 変身

  ノーマル門矢士の変身。  カードを取り出したりバックルを展開させるモーションとかも造れてないんですが、なにより黒系色の明暗がきつ過ぎる感ありますね。  門矢士は世界ごとにコスプレしてしまう特徴があ …